FC2ブログ

竹内まりや Plastic Love

2018年08月15日


去年あたりに70年代80年代のJ-popの中でcity popと呼ばれて外人に人気の曲があるという話を聞き、ユーチューブを検索したことがある。視聴数はそれほど多いというわけではなかったがコメントが英語で埋め尽くされていて、なるほどコアな外人がいるんだなと思ったことがある。まあそれきりだったんだけどね。

ところがつい最近、何気なく一覧に出てきた竹内まりやの曲が1600万ビュー越えしていて驚いた。以前から視聴数は多かったが1000万もあったかなあと記憶が曖昧なままクリックしたら横に変な顔した竹内まりやがいる


どうもこの曲のマッシュアップ(別曲のボーカルトラックと演奏トラックをミックスすること)がはやっているらしい。
聴いてみるとなるほど合わせやすいんだね。

ただ、for Artistsで調べるとアクセスはほぼ日本からなんだよなあ。





スポンサーサイト
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)

ドイツ:ユダヤ人差別投稿がネットで急増

2018年07月30日
http://www.newsdigest.de/newsde/news/news/9451-2018-07-20.html
ユダヤ人差別投稿がネットで急増
Freitag, 20 Juli 2018 09:00
【ベルリン 7月19日 時事】ドイツのベルリン工科大学が18日に公表した研究結果によると、インターネット上のユダヤ人への差別的投稿の割合が2017年までの10年で4倍に急増していることが分かった。研究チームは「ユダヤ人差別は、ネットの一部となってしまった」と指摘している。
研究は、ウェルト紙など独有力紙のウェブサイトに掲載された、イスラエルやユダヤ人問題を扱った記事のコメント欄を継続調査。2007年には、全体に占める差別的投稿の割合は7.51%だったが、17年には30.18%になった。
差別的投稿は「ユダヤ人は執念深い」「ドイツに罪を着せている」などが典型的という。ドイツでは近年、極右やイスラム系難民などによるユダヤ人への憎悪犯罪が相次ぎ、メルケル首相も「新しい形での差別」を警告している。

なかなか興味深い。
さすがにドイツ人も過去を持ちだされることにうんざりしているのかな。

思い出すのはユーチューブが始まったばかりの頃。
何人ものドイツ人がトルコ系移民を嘲笑するような動画をいくつも上げていて、これがまたやたら高評価になっていて少々おどろいたことがある。

それまで、他のヨーロッパの国と違ってドイツには差別的な国のイメージを持っていなかったが、結局どこもかわらんなぁと思った次第。

それでもまだイギリスよりはましかな



ニュース | Comments(0) | Trackback(0)

イギリスにおける性犯罪被害の届け出状況

2018年07月03日
BBCで日本の性犯罪の現状を放送したらしい。で、またイギリスとの対比で日本を罵るツイートが多量に流れてきた。

気になったのは、レイプ件数がイギリスの方が多いのは日本では通報しない人が多くイギリスは通報している人が多いからだと叫んでいる人がいることで、その根拠はどこからきているんだろうか。

どうも、イギリス警察の方が届け出しやすい環境になっているということが届け出ているはずと脳内変換されているようで、確たる根拠はないようだ。

The Guardian

One in five women have been sexually assaulted, analysis finds

The Office for National Statistics said the scale of sexual assaults against women, as measured by the crime survey, had changed little since 2005. More than 80% of victims did not report their experiences to police, the ONS said.

イギリス国家統計局によれば80%以上の性犯罪被害者が警察に届け出ていないという。
イギリスの犯罪統計では、警察への届け出による認知件数だけでなく聞き取りによる暗数把握もされていたりするので、まあそれなりに根拠のある数字なんだと思う。

そういえば、痴漢被害を届け出ない女性が多いためBTPがキャンペーンを貼って警察に届け出てくれとやっていたことがある。

警察の対応が理由で届け出ないという人がどれだけいるものなのか。被害届状況なんてイギリスも日本もそう変わらんと思うけどね。認知件数を逆転させるほどの開きはないんじゃないかな。もっとも日本の届け出状況を知らないので、そんな気がするという以上のことは言えないが。

蛇足で、以前書いたけどイギリスにおけるヘイトクライムの届け出も似たような状況で、認知件数と聞き取り結果では4倍弱の開きがあった。


イギリス警察ニュース関連 | Comments(0) | Trackback(0)

NHK番組の民放化  その2

2018年04月19日
今回も経営の話ではなく番組作りの話。

毎週Eテレでやっているサイエンスゼロ。最新の科学情報をわかりやすく伝える良質な番組だったが、4月の改編でバラエティ化してしまった。不必要にタレント呼んで頭数を増やし少々うるさい。

それと、新しいMCの女の子が驚くときに「オーマイガッ」と口にするんだけど、これはこの子の持ちネタ?それとも帰国子女なんかな、いずれにしろひどく不快だった。

最近のNHKの番組は無駄にタレントを入れ込んでくる。

NHKスペシャルで放送されたタモリさんと中山教授の”人体”も、ゲストとして2.3人のタレントが出演していた。これなんかもタモリさんにMCやらせて解説中山教授だけのほうが、経費が浮くだけでなくもっと興味深い番組になっていたように思う。

この手のドキュメンタリー系の番組は情報だけで組み立ててもいいくらいで、変な装飾をしてしまうと安っぽい上底感がでてきてしまう。

Nスペに雑談は必要なかろうに。

TV | Comments(0) | Trackback(0)

日本は右傾化に進んでいる らしい

2018年04月01日
日本で進むネット世論操作と右傾化
March 29, 2018 08:00 by 一田和樹
ふたつの要因で右傾化が加速する日本

昭和の時代に生まれた方々の中には
「日本って右傾化しているのではないか?」
「全体主義化していないか?」
と感じている人も少なくないだろう。その通り、日本は右傾化に進んでいる。

その原因は大きくふたつある。一つは意図的に世論操作などを行って右傾化を進めようとしている勢力の存在。もう一つは自然な流れとしての保守への回帰である(図1)。以下、個別に解説していこう。

以下右傾化の証拠としてネットにおけるコメントやツイートなどの統計分析がつづく。

僕のブログと同じレベルの幼稚さに苦笑いが出てしまう。
結論にあわせた資料集めの典型例だね。

何がダメなのかというと、
まず、右傾化という時の流れを示唆しているのに時間軸における二点比較をしていないこと。同じ指標で10年前と今を比較してみると・・・、何て言うのなら資料的価値もでてくるが。現在の状況だけ見せられてもいったいどうして右傾が進んでいると判断したのかわかりようもない。

次に、世論操作はネットだけで行われているわけではないということ。
ネットのコメント数えて日本は右傾化しているなんて論文書いたら落第してしまう。

情報はマスコミからも発信される。未だ世論に与える影響はネット以上に大きい。
ネットで世論操作が行われていると言いたいことはわかったが、ではそれが日本の右傾化なるものにどれほどの影響を与えているのか肝心な分析がない。

例えば、加計問題などは左派メディアによる打倒安倍政権の世論操作の最たるもので、結局何も出てこなかったが支持率は落ちた。そうこうしているうちに瓢箪から駒のごとく文書改ざん問題が出てきて今はこれに全力を傾けている。加計は役割を終えたようでフェードアウトしてしまった。一体何だったんだ。

結局この調査でいえることは、現状のネット社会は保守傾向が強く世論操作も行われているらしい。と、ただそれだけの話で、何も目新しい情報はない。そもそもネットのコメント数えて社会の右傾化を論ずること自体がお手軽すぎる。マスコミに焦点を当てれば全く逆の記事が書けそうだ。



昭和生まれの自分は左傾化を感じても右傾化を感じることはない。
僕が小中学生の頃は国旗国歌問題なんていうのはなく、当たり前のように先生と一緒に歌っていた。

旗日と言う言葉も死語ではなく、祝日には玄関先に国旗を掲げる家がまだまだ残っていた。

東宝や東映はいまなら批判だらけでつくれないようなヤクザ映画や戦争映画を数多く作り元気があった。

確かに60年70年安保闘争や労働争議の頻発なと特記すべき事柄はあったが、それでも世の中は自民党政権を選択しづづけた。どう見ても今よりも保守的な社会であり、昭和というのはそういう時代だった。

反天連?とかいう団体の天皇制反対デモのビデオを見たとき僕はぶったまげた。それまでも天皇制反対を唱える団体はあったが、制度以上に天皇自身を公然と侮蔑するようなデモは以前では考えられなかった。どこが右傾化なんだ?

戦争世代が社会から引退し団塊の世代が社会を動かすようになりだしたころからどんどん左傾化しているように思えるのが僕の実感。

それでも現実社会が保守基盤であり続ける実態を考えると、ネット上の左派的言説の割合は逆に多すぎる気がしてならない。

ニュース | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »