「五輪選手団の主将」は必要か?

2018年02月06日
五輪選手団の主将」は必要か? 


ロンドン五輪日本選手団の主将と旗手が18日、日本オリンピック委員会(JOC)より発表され、主将は陸上男子やり投げの世界選手権銅メダリスト村上幸史(32=スズキ浜松AC)、旗手はレスリング女子で五輪3連覇を狙う吉田沙保里(29=ALSOK)に決まった。人選が難航した主将はベテランアスリートに落ち着いたが、新たに「主将は必要なのか」という声が上がる。

(中略)

「調べたことはないが、外国では『主将』というのはあまり聞かない。海外の実態を調べて、選手の側から見て必要なのか、改めて問い直してもいいのではないか」

 そう語るのは、五輪評論家の伊藤公氏。五輪に詳しいあるジャーナリストも「主将を置いているのは日本ぐらいでは」
 伊藤氏が特に懸念するのは主将にかかる重圧感。旗手に比べ、主将は選手団全体を気にかけることになる。「誇りに感じる選手もいるけれど、重圧がかかることも事実」。実際に、ここ4大会の夏季五輪で主将を務めた個人競技の3選手(アトランタ=マラソン・谷口浩美、アテネ=柔道・井上康生、北京=同・鈴木桂治)は、いずれも振るわずに終わっているのだ。

(中略)

 なり手のいない主将をなくせば、選手の競技外の負担が一つなくなり、JOCの〝難事業〟も減る。市原専務理事は「(人選で)そういう議論はなかった。やはり名誉なことだし、名誉に感じてもらわなければいけない」と強調したが、果たして〝消去法〟で決めた人選に名誉はあるのか。今後も論議を呼びそうだ。

ロンドンオリンピック時の主将選考について書かれた記事。平昌は小平選手。

以前から指摘されている問題で必ずしも必要ではない主将。
選手不在でJOCの爺さんたちが選手団の組織体系を整えることによりオリンピックへの高揚感に浸り自己満足するだけの存在かな。団長がいるんだから選手には競技に集中できる環境を整えてあげたい。JOCの独りよがりは不快だね。




スポンサーサイト
ニュース | Comments(0) | Trackback(0)

女子スピードスケート

2017年12月28日
日本女子スピードスケート界が凄いことになっている。小平・高木選手と言ったスーパーヒロインがワールドカップで連勝し、団体種目のパシュートも日本が世界で頭一つ抜け出た結果を残している。

僕はスケート競技には全く興味がなかったが、ひと月ぐらい前にユーチューブのお薦めで見かけて初めて日本選手の活躍を知った。それ以来転戦するワールドカップの試合を全てチェックしている。

もちろん勝っているから興味を惹かれた訳だけど、それ以上に、それまで勝てなかった選手が努力と不屈の精神によりその成果を享受する姿を見られることがうれしい。同じ意味で、永く高梨選手の影に埋もれていたスキージャンプの伊藤有希選手が活躍しているのを見るのも楽しい。


これまでオリンピックといったらクロカンとジャンプぐらいしか見てこなかった。日本人選手の活躍しないクロカンが僕のオリンピックの視聴メイン種目なのは残念だが、今回は新たな楽しみが一つ増えた。クロカンも頑張ってほしいなぁ。

最近ユーチューブでスピードスケートばかり見ていたためか一覧にあらわれた動画。
小学2年女子の大会。高木美保選手も出場している。最初のレースと最後にインタビューに登場。

なんともかわいらしい大会で、構えからゴールまで頬が緩みっぱなし。


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

外国人が語る日本でしてはいけないこと の違和感

2017年12月22日
日本でのマナーを語る外国人が多いが、共通した事柄で自分の認識とは違うことがある。

例えば
海外「日本に移住したい!」日本のエチケットからが生む快適な暮らしに海外が興味津々
via:どんぐりこ

この動画にも出てくるが
1)チップは失礼にあたる。
2)人前で鼻を噛むのは下品

この2つが多くの在日外国人の口から洩れる。

1)日本にはチップの習慣がない(サービス料込みの価格設定になっている)から必要ないだけで、渡されてもチップは結構ですよと言うだけで別に失礼と感じることはないと思うが。逆に、タクシーの運転手さんなんかは釣りは要らないと言うと笑顔になるし、外人さんからチップもらって喜んでる話も聞く。チップ渡したら睨らみ返す日本人でもいるのかな。想像しにくいなぁ。
チップは失礼ではなく要らないというだけ。

2)これも外国人がよく口にする。しかし、自分は人前で鼻をズルズルすすって嫌な顔されたことはあっても、鼻かんで嫌な顔されたことはない。単純に、かんだ方が大きな音がするから視線集めやすいだけじゃないのかね。かまずにズルズルやる方が下品だよ。あるいはハンカチでかんじゃうとしたら日本人的には不潔に感じられる。それをポケットに戻された日にはきったねーとは思うね。

この2つは定説のように語られるが、どんな日本人と付き合ってるん。






未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

大使の仕事

2017年12月21日


フランス大使館が日本の死刑執行を批判したことで炎上した。

死刑制度の反対を唱えるのはかまわないが、なぜ大使がツイッターを使って当該国民にケンカをうるようなことするのかなあと。

本国から大使館を通じて日本政府に抗議するなんてのはわかる。あるいは日本国民に訴えたいのなら本国政府が日本語でツイートすればいい。大使館が赴任先の国民と摩擦起こしてどうする。潤滑剤になるべきかと。

アメリカのケネディ元駐日大使が、やはりツイッターで日本のイルカ漁を批判し大ブーイングを浴び、返信できないような状態にまでなったことがある。まずいと思ったのか即アメリカ政府が、大使の見解はアメリカ政府の見解であるというよなことを言ってかばったが、その後彼女はサンタの格好をして恋ダンスを踊り日本国民のご機嫌をうかがった。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ネットとマスコミ

2017年11月23日
ありふれたタイトルだが何となく詳細な分析でも始まりそうな雰囲気もする。しかし、残念ながらただの思い出話です。

まだインターネットが始まる前の話。
テレビからは「○○が大流行です・・・」なんて情報がよく流れていた。
しかし、自分には思い当たる節がない。何となく違和感があるんだけれど自分の情報取得範囲は限られている。学校や家族などとても狭い。だからそういう情報に触れるたびに、自分のところでは聞いたことはないが一般的には流行っているんだろうなあと思っていた。

そんな中、国内ネットのニフティーサーブに加入した。
ある日フォーラムを見て回っていたら、「○○が大流行だと放送してたんだけど、うちの方では聞いたことないんだけど皆のところはどう?」というよなスレッド(スレッドと呼んでいたかなあ)を見つけた。
ああ自分と全く同じ疑問持っている人がいるんだと思いながら読んでみると、全国から「○○県だけど自分もきいたことないよ」なんていう書き込みで埋め尽くされていた。

この時初めて昔から抱いていた違和感が氷解した。今でいうところのステマだったんだと。

インターネットが普及した今では、はなからこんな疑問を持つこともないだろうが、当時、新しい時代に入ったことを実感した出来事だった。


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »