スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本外交の非論理性

2015年12月28日
今日慰安婦問題の日韓外相会談が開かれる。どんな結末になるか。

日頃から日本外交の頓珍漢さにいやけがさしているが今回も同様。
日韓条約で解決済みと言う一方で延々と協議をしている。これでは外から見たときに誰も解決済みだとは思わない。日本にやましさがあるんだろうという印象しかない。さっそく台湾も同等の対応を求めてきているようで、慰安婦問題は解決ではなくさらに広がっていく可能性もでてきた。バカだね。

こういう論理性のなさは先ごろ行われた明治産業革命遺産登録でもあらわれた。
強制労働が行われた施設であるとして反発した韓国に対して日本政府がとった反論は、「時代が全く違う」である。何をいってるんだ?とあきれてしまった。施設という物理的な建造物を時間という概念で区切ったところで登録されるのは言うところの”強制労働”が行われた物理的建造物な訳である。

あるいは、調査捕鯨と称して千頭以上の鯨を捕獲していることに外人が怒っているが、これなんかも理解に苦しむ日本外交のまやかしである。

頭のいい政治家や役人からなぜこのようなバカげた言い訳が次から次へと出てくるのか分からない。お粗末すぎやしないか?国内政治では何となくやり過ごせても外交では通用しない。

念のため。日本外交が発する非論理的情報にあきれているのであって、議論の対象に関しての話ではない。


スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。