スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ランキングによる刷り込み

2016年10月03日
日本の自殺率の高さがよく指摘されるが、

ここに興味深いグラフがある。World Life Expectancy
usa-homicide-vs-suicide.jpg
2014年におけるアメリカの殺人被害死亡者数と自殺者の数。赤が自殺者、緑が殺人による数。

自殺者数のランキングでは日本ワースト16位アメリカ47位。
日頃”率”によるランキング順位ばかり喧伝されているので、アメリカでこんなに自殺者がいるとは思わなかった。
4万人越えである。ちなみにこの年の日本の殺人による死亡者は821人、自殺者は25,427人。
もちろん人口が倍以上違うのは承知しているが、ランキングがこれだけ違うので絶対数もアメリカの方が少ないと錯覚していた。

国家ランキングは率で比べられることが多い。前提となる条件が(規模や体制など)違うので絶対数での比較が有意じゃないんだろうけど、絶対数も見ないとその国の社会状況はわからないものだね。

なお、この"世界の平均寿命"なるサイトには世界中の国の健康に関する統計が記載されていてなかなか面白い。









スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。