joao gilberto ”wave”

2017年03月20日


けだるい昼下がり、授業にも出ず、短パン一丁になってボサノバをかけながらよく昼寝をした。しばらくしてからおもむろに起き上がり、サークルに出かけひと練習した後皆で酒を飲みに行く。そんな生活だった。

このころ歌がある音楽はボサノバしか聴いていなかった。その後サリナ・ジョーンズなどジャズの歌も聴くようになったが。

これはジョアン・ジルベルトの"AMOROSO"というアルバムの中の"WAVE"という曲だが、その他の曲はさらにけだるくなる、今聴くと、なんでボサノバなんて聴いていたんだろうと、若いころの自分がよくわからなくなる。喫茶店のBGMにはいいが


スポンサーサイト
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示