イギリスにおける性犯罪被害の届け出状況

2018年07月03日
BBCで日本の性犯罪の現状を放送したらしい。で、またイギリスとの対比で日本を罵るツイートが多量に流れてきた。

気になったのは、レイプ件数がイギリスの方が多いのは日本では通報しない人が多くイギリスは通報している人が多いからだと叫んでいる人がいることで、その根拠はどこからきているんだろうか。

どうも、イギリス警察の方が届け出しやすい環境になっているということが届け出ているはずと脳内変換されているようで、確たる根拠はないようだ。

The Guardian

One in five women have been sexually assaulted, analysis finds

The Office for National Statistics said the scale of sexual assaults against women, as measured by the crime survey, had changed little since 2005. More than 80% of victims did not report their experiences to police, the ONS said.

イギリス国家統計局によれば80%以上の性犯罪被害者が警察に届け出ていないという。
イギリスの犯罪統計では、警察への届け出による認知件数だけでなく聞き取りによる暗数把握もされていたりするので、まあそれなりに根拠のある数字なんだと思う。

そういえば、痴漢被害を届け出ない女性が多いためBTPがキャンペーンを貼って警察に届け出てくれとやっていたことがある。

警察の対応が理由で届け出ないという人がどれだけいるものなのか。被害届状況なんてイギリスも日本もそう変わらんと思うけどね。認知件数を逆転させるほどの開きはないんじゃないかな。もっとも日本の届け出状況を知らないので、そんな気がするという以上のことは言えないが。

蛇足で、以前書いたけどイギリスにおけるヘイトクライムの届け出も似たような状況で、認知件数と聞き取り結果では4倍弱の開きがあった。


スポンサーサイト
イギリス警察ニュース関連 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示